ふるさと納税の健全な発展を目指す自治体連合

お問い合わせ
自治体連合

第2回ふるさと納税自治体連合表彰受賞団体を決定しました/平成30年10月30日

「ふるさと納税の健全な発展を目指す自治体連合」では、

ふるさと納税を活用し、地域の活性化につなげた優れた取組事例を顕彰することにより、

ふるさと納税制度の一層の普及拡大を図ることを目的として、みだしの表彰を行っています。


今年度は、平成30年6月22日から8月31日まで募集し、

第1回目を超える、全国から49事例の応募がありました。

選考の結果、受賞団体を下記のとおり決定しましたので、お知らせします。

なお、表彰式は、11月2日開催の第2回『ふるさと納税の未来を考えるシンポジウム」にて行います。

 

 

1 表 彰 名  第2回ふるさと納税自治体連合表彰
2 主  催  ふるさと納税の健全な発展を目指す自治体連合
3 表彰日時  平成30年11月2日(金)14:10~14:30
4 表彰会場  福井県国際交流会館(福井県福井市宝永3丁目1-1)
5 表彰団体  〇岐阜県郡上市
          郡上カンパニープロジェクト推進事業          

          →詳細はこちら
        〇群馬県前橋市
          タイガーマスク運動支援事業

          →詳細はこちら
        〇山形県天童市
          将棋駒後継者の育成支援による将棋のまちの振興

          →詳細はこちら

        〇福井県池田町

         「ちっちゃな幸せ実現事業+」による寄付者参加型のまちづくり

          →詳細はこちら

6 募集期間  平成30年6月22日~8月31日
7 応募事例  49事例(平成28年4月以降の実施事業)
8 選考方法  次の観点から有識者の意見を参考に自治体連合共同代表が選考
         ・寄付者からのふるさとを応援したいという気持ちに応えるため、地域活性化に

          資する使途を示して寄付を募集するとともに、その寄付金を有効に活用してい

          ること
         ・寄付者と自治体との関係を継続させるための工夫を行っていること

Activity Report

ふるさと納税の健全な発展を目指す自治体連合では、
ふるさと納税の理念を再認識し、自治体同士が学びあい、その意義を広く国民に伝え、
ふるさと納税の利用者の視野を広げるための活動を展開しています。